マンション 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

マンション

現在、素敵なマンションがどんどん増えてきています。

それに伴い、マンション住民も増えてきています。都心近くでは高層マンションが至る所に見られます。

新築マンションの販売広告もよく目にします。マンションと言うと、眺めが良く、おしゃれな生活が出来そうなイメージがあります。
続きを読む

バリアフリーマンション

高齢化が進んでいる現代では、マンションも高齢化社会に対応するべく、バリアフリーマンションが増えてきています。

しかし、バリアフリーマンションでは車椅子が通る廊下の広さ、転倒防止のためのお風呂やトイレの手すりなど、生活がしやすい配慮がされていますので安心です。

一戸建てをリフォームして安全性を高めるのも良いですが、1階2階をつなぐ階段の上り下りなどを考えると、一戸建てよりもマンションの方が生活しやすいという声も上げられています。

そのため、老後の暮らしをバリアフリーマンションでされる方が増えていて、さらに、若い方でも老後を考えてバリアフリーマンションを購入される方もいるようです。

また、各部屋の中だけではなく、エレベーター、エントランスなど、マンションの共用スペースにもバリアフリーなど安全性が配慮がされているかどうかも使う方としては重要になってくるでしょう。

マンスリー・ウィークリーマンション

仕事の出張、単身赴任、受験などのために、短期的な宿泊場が必要な場合、ビジネスホテルだけでなく、ウィークリーマンションやマンスリーマンションがとても便利です。

マンスリーマンションやウィークリーマンションはビジネスホテルとは違い、電化製品など生活必需品がそろえられています。

1泊から宿泊可能で、自分の着替えなどだけ用意していくだけで、不自由なく生活することが出来ます。

マンスリーマンションやウィークリーマンションの中にはインターネットが無料で出来たり、自転車の貸し出しをしている所もあります。賃貸料金は週や月単位で発生し、賃貸期間や払い方によって異なります。

月額は大体10万円前後から15万円くらいになり、宿泊する期間が長くなる程、1ヶ月あたりの賃貸料金は安くなります。
マンスリーマンションやウィークリーマンションでは賃貸料金の他には、光熱費と清掃料金がかかりますが、敷金礼金は必要ありません。

マンスリーマンションやウィークリーマンションには運用形態として、専業型、通常の賃貸マンションの空き部屋を利用している空室型、ビジネスホテルが長期ステイ用として提供しているホテル型があります。
サービスが充実しているのはマンション自体がマンスリー、ウィークリー専用のマンションとなっている専業型になります。

マンションの地震対策

それゆえ、マンション購入時にも地震への対策は気になる所です。マンションの地震対策としてはその構造が挙げられます。

構造は耐震、免震、制震の3つのタイプになります。耐震構造は、柱や梁を太く、壁を厚くし、地震に耐えられる頑丈な造りになっています。

マンション自体の強度を上げることになりますが、揺れ自体を受けることになるので、家具の転倒やマンションにひびが入る可能性があります。

地震対策として最も一般的な構造であり、強度の基準は現在では新建築基準法に基づいて、震度6強から7程度の地震には耐えられるつくりとなっていますが、1981年の建築基準法の改定以前に作られた建物に関しては、強度に不安が残ります。

免震構造は、地震による揺れ自体を軽くするために、積層ゴムなどの装置がマンションの基礎部分に設置されています。

積層ゴムなど、マンションと地盤の間にクッションを設置することで、揺れを抑える構造になっていますので、家具の転倒など被害は少なくなりますが、メンテナンスに費用がかかる場合が多くなります。

制震構造は、超高層マンションなどでよく使われている構造です。地震の揺れをダンパーという制震装置によって、建物自体が吸収する仕組みになっています。

偽造マンション

地震による転倒を防ぐために、タンスや食器棚を固定したり、重要なものを持ち出しやすいようにまとめて置いたり、万が一に備えて寝室にはき易い靴を備えて置いたりと、安全性の確保に余念がありません。

しかし、肝心要の家が倒壊してしまうようでは、地震への備えも何もありません。

通常、建築基準法では震度6強から震度7くらいまでの地震に耐えられるように定められています。

しかし、昨今話題になっている偽造マンションは、そんな住民の地震への備えをあざ笑うかのように、安全への信頼性を裏切り、コスト削減のための構造計算書の偽造がされていることが明るみにされています。

そして、さらに驚くべきことは、偽造マンションは姉歯建設のみではなく、姉歯事件を初めとしていくつも存在していたことです。

明らかな欠陥ならともかく、マンションの骨組みの偽造を見抜くことなどは素人には到底出来ません。

学生マンション

学生マンションは普通のマンションと違い、住人は学生さんだけです。

学生さんだけなので、生活環境の違いなどから起こるトラブルや隣人に対する不安などを軽減することができます。

同世代の同じ環境の人達が周りにいますし、男性専用、女性専用の学生マンションもありますので、一人暮らしをするのが初めてでも安心です。

学生マンションは学生寮とは違い、寮長が居たり、門限が決められているなどの制限がなく、自由に暮らせるところに人気があるようです。

ただし、生活に関する管理がないところは魅力でもあり、心配でもあるところです。

特に子供に初めて一人暮らしをさせる親とってはなおさらでしょう。

しかし、学生マンションでは部屋にはキッチンがありますし、最近のマンションであればオートロックなどセキュリティが整っていることがほとんどですので、自炊を覚えたり、自分で安全を確保するなど、子供の自立を促すのには適したマンションとも言えるでしょう。

学生マンションの中にはベッド、冷蔵庫、テレビなど、家具つきのタイプのマンションもあります。

引越しに応じて色々買い揃える手間が省けます。

ペット可マンション

犬や猫をペットとして飼うのは勿論、猿、リス、鳥、象亀、鰐などなど、世の中には色々なペットを飼っている人がいます。

動物は好きな人にとってはかわいいですし、飼い主にとってはペットも家族同然に愛おしい存在ですが、動物が苦手な人にとっては、その存在は脅威です。生活を脅かすと言っても大げさではありません。

しかし、動物を飼ってはいけないアパートやマンションでも、内緒でペットを飼ってしまっている人も結構いるようです。

マンションなど集団で生活環境を共通する限り、ルール違反はトラブルの元です。

特に、動物好きな人も嫌いな人も関係なく住んでいる通常のマンションではペットの問題によるトラブルはとても多いようです。

中には空室を回避するためにマンション住人に個々で大家さんからにペットを飼う許可される場合もあるようですが、ペット可の建物に比べると、動物の鳴き声や部屋の中の破損など、やはりトラブルは多いようです。

しかし、現在はペットと暮らす人も多く、ペットと暮らせるマンションのニーズも増えています。

数はまだ少ないですが、トリミング室、足洗い場、キズがつき難い床など、ペットと暮らす上で必要な設備が整えられているマンションもだんだん増えてきています。

マンション

マンションは集合住宅です。

賃貸物件と売り出されている物件があります。

マンションの形態は1R、1K、1DK、1LDKなど部屋数と、部屋の形態で表されます。

仕切りがない場合は1R、ある場合は1Kとなります。

学生マンションや独身の一人暮らしの場合は、15平米から23、4平米くらいの1Rや1Kの賃貸が主流のようです。

友人とシェアしたり、家族と住む場合は、部屋数は多い方が良いですが、やはりその分賃貸料金は高くなります。

ただし、都心から離れていたり、駅から少し遠い物件などは、部屋数の多い良い物件も安い賃貸料金で借りられる場合もあります。

売り出されているマンションの多くは家族と住めるような1DK以上の物件が多く、新築の場合、価格は大体2000万円以上となっています。

また、最近流行のデザイナーズマンションでは、敢えて仕切りを作らない、おしゃれで広い1Rや1K物件もあります。

また、同じマンションの中でも、角部屋や階数によっては部屋の形態が異なる場合があります。その場合勿論賃貸料金も変ってきます。

リノベーションマンション

マンションの購入をするなら、やっぱり新築が魅力的です。

誰かが使って老朽化した中古マンションを購入するよりは、新築マンションを購入したいものです。

しかし、現在は新築マンションよりもこだわりを持って自分の生活スタイルを追求できるリノベーションマンションが注目されています。

リノベーションマンションは中古マンションに大規模な修繕工事を行って、部屋を自分の好みに全く変えてしまう方法です。

原状回復の意味を持つリフォームと言う言葉もありますが、リノベーションでは回復のみではなく、より良く革新的に変えてしまうことが出来ます。

中古マンションで一番の問題となるのは老朽化ですから、リノベーションすることで、立地条件や周囲環境の良い中古マンションはむしろ新築よりも魅力的なマンションになり得ます。

また、安い中古マンションを購入してリノベーションをした方が、新築マンションを購入するよりも費用が安くなることが多いようです。

高級マンション

高級マンションは、好立地、豪華な部屋、高級感溢れるエントランスなどの好条件が揃った、ステータスの象徴も言えるべき、ハイグレードなマンションです。

都内では山手線の内側のエリアは、特に高級な立地として知られています。

売買物件は勿論、ほとんどの賃貸物件で、1Kでも1ヶ月で10万近く賃貸料金がかかります。


高級マンションは、そのような好立地で、さらに交通の便のよく、バルコニーからの景観も素晴らしいなどなど、ざまざなが条件とことん追求されたマンションです。

特に、身の危険に関する怖いニュースが多い最近ではセキュリィの追求が著しくなっています。

24時間体制で管理されることは当たり前になってきています。


また、ホテルやデパートでよく見られる、門番という意味を持つコンシェルジュスタッフが配置されることが多くなっていて、マンションで生活する上でのサポートと共に、セキュリティの強化にもつながっているようです。

また、高級マンションは装備されている家具や使われている素材も、高級素材、本物志向と、こだわりが見られます。

天井の高さ、廊下の広さ、ゆったりとしたトイレやバスルームなど、各所に高級感が感じられるようなデザインがされています。

外断熱マンション

温室効果ガスによる地球温暖化の問題が大きくなり、省エネルギーが強化される昨今、マンションの建築にとって断熱材は欠かすことの出来ない材料です。

断熱材とはその名の通り、マンションなどの建築物において断熱性を高める材料です。

今まで日本のほとんどのマンションでは、断熱材を建物の内側に入れる方法がとられていましたが、最近では建物の外側に断熱材を利用する外断熱が大変注目を浴びています。

断熱材をマンションの外側に利用することで、コンクリートの蓄熱機能が高まります。

そのため、外断熱はマンション内の温度変化が内断熱よりも少なくなります。

また、結露も生まれにくく、マンションに多いシックハウス症候群の原因となるカビ・ダニ防止にもつながります。

空調費の削減、結露対策など様々な面で、外断熱は大変効果的です。

オール電化マンション

IHクッキングヒーター、エコキュートなどを利用するガスの設備のないマンション、オール電化マンションが大変注目をされています。

今までガスによって賄っていたところすべてを、電気使用に換えることで、オール電化は火事の心配のない安心できる生活を提供します。

また、オール電化は、ガス代がかからない上に、夜間電力を利用するので電気代も安くなるなどのメリットがあります。

また、オール電化の場合、マンションの住宅ローンの金利が優遇される金融機関などもあります。最近では次世代給湯器と言われるエコキュートが地球温暖化対策として注目されていて、マンションへのオール電化の普及も一般的になりつつあります。

エコキュートはヒートポンプの原理によりお湯を沸かすことが出来るので、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出が少なくなります。

ただし、エコキュートの室外機のスペースの問題や、交換にかかる費用が高いなどのデメリットもあります。

また、オール電化することでガス線が不必要になります。その為、キッチンをフロアの真ん中に置くことが出来るので、キッチンルームのデザインやキッチンの使い方の幅を広げることが出来ます。

老人マンション

社会の高齢化が進む中、ケアハウスと呼ばれる老人マンションが増えてきています。

ケアハウスは軽費老人ホームの1つですが、60歳以上、自炊が出来ない程度の身体の低下のみでほとんどのことは自立して行えることなどが条件になります。

通常のマンションと同じように、自立して自由に生活することが可能ですが、栄養士により栄養管理された食事が1日3食出されること、入浴がついていること、健康診断の機会が設けられていること、緊急時の対応が出来るように医療機関と連携がとられているなど、老人が安心して生活が出来る体制が整えられています。

家族と一緒に住んでいれば安心ですが、独居老人や老人夫婦のみで住んでいることも多いです。

さらには、老人が老人の面倒を看ているという場合もあり、万が一の時に対処できるのかどうかも不安になります。

老人マンションではそのような不安を解消すべく、生活支援つきのマンションです。

老人マンションであれば、本人も家族も安心して毎日の生活を送ることが出来ますし、マンション住居者は同じ年代なので話もしやすいでしょう。

駅直結マンション

マンションを探す際に、交通の便が良いことは非常に重視される条件です。

通勤で電車を使う場合、駅近物件はとても魅力的です。駅から遠いマンションに住んでいる人にとっては、家に帰るだけでも一苦労です。

特に遅い時間に帰宅する人は、バスの本数が少ない為、電車を降りたらダッシュで乗車しないと20分、30分待ちになる、または最終電車に乗れたとしてもバスが終了している、タクシーが混雑してなかなか乗れないなどの事態が日常茶飯事に起こります。

そんな煩わしさを解決するのが、駅直結のマンションです。

また、駅構内には百貨店やスーパー、薬局、飲食店などなど、お店がたくさんありますから、主婦層にとっては買い物にも便利です。

休日のなかなか腰を上げないお父さんに車を出してもらうよりも、駅直結マンションで手軽に出かけて、自由に買い物をした方が楽チンかもしれません。

駅直結マンションのデメリットとしては、場所が場所なので電車や人通りの音などの騒音問題です。マンションの構造上、防音、遮音対策は整っているはずですが、駅直結マンション購入の際に、念入りに調べるべきポイントになります。

デザイナーズマンション

おしゃれなマンションと言えば、デザイナーズマンションです。

デザイナーズマンションは現在とても人気があります。お部屋次第で、生活の仕方は確かに変わって来ます。

プロによってデザインされたおしゃれで洗練された空間は、吹き抜けエントランス、打ちっぱなしの壁、光をたくさん取り入れる大きな窓、など、憧れの条件が揃っています。

賃貸料金は月額20万円、30万円など、広さや立地条件もプラスされて高額になります。

ですが、それでも一度くらいはデザイナーズマンションに住んでみたいと憧れている方も多い様です。

賃貸料金を考えると、なかなか手が出ないデザイナーズマンションですが、立地条件によっては、10万円前後で借りられる物件もあります。

10万円前後であれば、デザイナーズマンションと言えども、一般サラリーマンでも十分手の届く金額です。また、デザイナーズマンションをオフィスとして利用している方もいるようです。

確かに、洗練されたデザインは仕事を捗らせてくれるような気がします。

デザイナーズマンションは、賃貸でもデザインや生活へのこだわりが叶えられる物件です。