偽造マンション 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

偽造マンション

地震による転倒を防ぐために、タンスや食器棚を固定したり、重要なものを持ち出しやすいようにまとめて置いたり、万が一に備えて寝室にはき易い靴を備えて置いたりと、安全性の確保に余念がありません。

しかし、肝心要の家が倒壊してしまうようでは、地震への備えも何もありません。

通常、建築基準法では震度6強から震度7くらいまでの地震に耐えられるように定められています。

しかし、昨今話題になっている偽造マンションは、そんな住民の地震への備えをあざ笑うかのように、安全への信頼性を裏切り、コスト削減のための構造計算書の偽造がされていることが明るみにされています。

そして、さらに驚くべきことは、偽造マンションは姉歯建設のみではなく、姉歯事件を初めとしていくつも存在していたことです。

明らかな欠陥ならともかく、マンションの骨組みの偽造を見抜くことなどは素人には到底出来ません。