欠陥マンション 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

欠陥マンション

マンションは法律で定められた基準によって建てられていますが、残念ながら欠陥マンションが存在します。

手抜き工事による安全性の欠如、また、定められた基準が守られていない場合もあります。

耐震偽装マンションが話題になったように、耐震機能において基準を下回れば、当然耐えられるレベルの地震などでもマンションが壊れてしまう可能性があります。

欠陥マンションは普段の生活に支障をきたすだけではなく、災害時にも大変な危険をもたらす可能性があります。
一生に一度の大きな買い物が欠陥マンションだった場合のショックは計り知れないものです。

欠陥マンションを購入してしまわない為にも、マンション見学の際は念入りにチェックをする必要があります。

しかし、床の傾きや壁の傷や柱や梁の太さなど、外見から見えるところは素人でもわかりやすいですが、建て物の内部、構造や素材によって欠陥が引き起こされている場合があります。

そのため、一見問題なく見える場合で欠陥である可能性もありますので、マンション見学の際は出来る限り資料や情報を集めてチェックをする必要があります。

知り合いに建築に詳しいい人や建築に関わる仕事の人などがいれば、一緒に見てもらうのも方法です。