マンション見学の際のチェックポイント 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

マンション見学の際のチェックポイント

マンションの購入をする時、欠かせないのがモデルルームの見学会です。

マンションの完成前に販売をする青田売りの場合はモデルルームは実物大のサンプルになりますので、実物における不備までは見ることができません。

完成したマンションが売られる場合には実際のマンションの中の1つの部屋が公開されます。

その場合は実物になるので、マンションに住む上で実際に問題となりそうな点まで細かなチェックが可能です。どちらの場合も、メジャーとカメラがあると便利です。

メジャーは家具を置くスペースなどを測るのに使いますが、モデルルームと実際に購入する部屋とは、グレードによって間取りやサイズが異なることがあるので注意が必要です。

また、カメラは部屋のイメージを残しておくのに必要となりますが、部屋の雰囲気もオプションや照明などによって豪華に装飾されていますので、その点を踏まえて見学する必要があります。

さらに実物を確認できる場合には、ビー玉を使うことで、床の傾きが確認出来ます。

床の傾きはマンションが建てられている地盤の問題につながっていることがありますので要注意です。