マンションの防音 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

マンションの防音

マンショントラブルで非常に多いのが、騒音の問題です。

気になりだすときりがなく、ストレスなど精神的苦痛につながることもあります。

マンションの外からの騒音のレベルを表わす数値としてdBがあります。

dBの数値は低いほど騒音のレベルが低く、このレベルに対応する室内の騒音等級はNで表されます。

このトラブルを回避するための防音、遮音対策として、音のする方に大きな家具を置く、厚手のカーテンにする、防音ガラスにするなどの方法があります。

マンションの中には、防音のレベルは異なりますが標準装備で防音ガラスになっていたり、防音サッシや二重サッシになっているマンションもあります。また、マンションの上下階のトラブルの原因となるのが床からの衝撃音です。

床からの衝撃音に対する遮音等級はL値で表されます。人が飛び跳ねる音などは重量床衝撃音、歩く音などは軽量床衝撃音になります。

Lで表される数値が低いほど遮音レベルが高くなります。

床からの衝撃を和らげる対策としては、衝撃を吸収するカーペットを敷くなどの方法がありますが、マンションの構造や素材によってはそれだけでは防音仕切れない場合もあります。