カビ問題 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

カビ問題

マンションは一軒家と比べて窓が少なく、湿気がたまりやすいです。

そのため、結露やカビの問題が発生します。

特にマンションのキッチンや浴室など水回りには窓がないのでカビが生えやすく、防カビのためにはこまめな換気や掃除を必要とします。

しかし、新築マンションンの場合、マンション建設時にコンクリートを流し込む際の水分が残っているため、カビが生え易くなります。

また、換気をあまりしない、部屋で洗濯物を干すなど、湿気を溜め込む生活状態も関係してきますので、中古マンションだからといって安心なわけではありません。

クリーニングは勿論されますが、前の住人の生活習慣によって溜め込まれた湿気がカビを生み出している可能性もあります。

カビの怖いところはどんどん増えることです。

また、人体に有害な物質を放出するカビも存在します。

マンションの場合、北側の部屋は日当たりや空気の流れの滞り問題により、特にカビが生えやすい場所です。

乾燥機や湿気取りなどの乾燥剤、また、空調などで部屋の空気を動かして湿気を取り除くことが、日々行うべき一番の対策です。

また、あまりにひどい場合には、リフォームにて防カビ、防菌効果のある壁紙に変えるなどの方法もありますが、この場合、壁紙の間にある断熱材を取り除いてしまわないように注意が必要です。