シックハウス症候群 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

シックハウス症候群

住居トラブルの1つにシックハウス症候群があります。

比較的マンションで多く見られますが、マンションだけでなく一戸建てにも起こりうる症状です。

シックハウス症候群は、マンションなどを建てる際に使われる接着剤や塗料や防腐剤から放出されるホルムアルデヒドなどの物質によって引き起こされます。

ホルムアルデヒドはめまい、頭痛、湿疹などの症状を誘発する、少量でも人体に悪影響を及ぼす中毒性のある物質とされています。

シックハウス症候群の症状は、他にも呼吸器疾患やうつ症状など多様です。

シックハウス症候群は社会的な大きな問題となり、現在では使用に際して制限がされています。

しかし、特にホルムアルデヒドは発がん性のある物質ともされていますので、安心して暮らすためには出来る限り使われていないことが望ましいです。

また、シックハウス症候群の原因として、カビやダニなどハウスダストとなるアレルゲンがあります。


新築のマンションは特に気密性が高く、マンションの建築の際に含まれた湿気によりカビやダニが繁殖しやすくなりますので、こまめな掃除や換気が必要です。

また、マンションなど住宅のみではなく、病院でもシックハウス症候群が起きていたこともあるようです。

現在は、シックハウス症候群の対策として原因物質を使わない接着剤などの材料や、呼吸する壁と言われる珪藻土が注目されています。