マンションとアパートの比較 部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

マンションとアパートの比較

マンションとアパートの違いは鉄骨筋か木造か、及び2階建て以上かというところですが、明確な違いの基準はありません。

木造の2階建てはアパートと呼ばれますが、鉄骨筋の場合、マンションとするかアパートとするかは大家さんの判断による場合が多いようです。

マンションとアパートのメリットデメリットについては、構造の違いが明確にならなければなかなか比較できませんが、マンションの場合、カメラつきのインターフォン、防犯監視カメラ、オートロックなど、セキュリティの強化がされていることが多いです。

しかし、世帯数が多いため、住人の顔一人ひとりを覚えているわけにはいかないので、不審者とすれちがってもわからないという不安もあります。

それに比べてアパートはセキュリティ設備がほとんどなく比較的開放されていますが、戸数が少ないこともあり、住人の顔は大体覚えられます。

住民と不審者の区別もつくでしょうから、そういった意味では安心です。

また、木造をアパート、鉄骨筋をマンションとして比較をすれば、木造アパートは火災の際に火が燃え移りやすい、地震の際の耐久性の問題などがあげられますが、火災の可能性は戸数の多いマンションの方が高いですし、高層マンションの場合は地震の際に外への非難がしにくいなど、双方にメリットデメリットが見られます。