部屋探し情報(マンション,アパート,賃貸住宅,不動産物件)

マンスリー・ウィークリーマンション

仕事の出張、単身赴任、受験などのために、短期的な宿泊場が必要な場合、ビジネスホテルだけでなく、ウィークリーマンションやマンスリーマンションがとても便利です。

マンスリーマンションやウィークリーマンションはビジネスホテルとは違い、電化製品など生活必需品がそろえられています。

1泊から宿泊可能で、自分の着替えなどだけ用意していくだけで、不自由なく生活することが出来ます。

マンスリーマンションやウィークリーマンションの中にはインターネットが無料で出来たり、自転車の貸し出しをしている所もあります。賃貸料金は週や月単位で発生し、賃貸期間や払い方によって異なります。

月額は大体10万円前後から15万円くらいになり、宿泊する期間が長くなる程、1ヶ月あたりの賃貸料金は安くなります。
マンスリーマンションやウィークリーマンションでは賃貸料金の他には、光熱費と清掃料金がかかりますが、敷金礼金は必要ありません。

マンスリーマンションやウィークリーマンションには運用形態として、専業型、通常の賃貸マンションの空き部屋を利用している空室型、ビジネスホテルが長期ステイ用として提供しているホテル型があります。
サービスが充実しているのはマンション自体がマンスリー、ウィークリー専用のマンションとなっている専業型になります。

マンションの騒音問題

マンショントラブルの主な原因となる騒音は、マンションの構造的な問題によるもの、住民の問題によるもの、マンションの周囲の問題によるものなどが上げられます。

マンションの構造的な問題は、遮音性、防音性の低さとなります。
防音ガラスや二重サッシなどが騒音対策として取り入れられていますが、GLと呼ばれる構造の壁は遮音性、防音性が低く、また、壁や天井の厚みも関わってきます。

壁の構造上、RC造の方が遮音性は高くなります。住民の問題としては、楽器、オーディオ、暴れる、騒ぐなど、音を発生させる行為が上げられます。

人為的なことは特に、騒音の原因となっていないか、節度を守っているか、今一度自分自身の生活も確認した方が良いかもしれません。
マンション周囲の騒音問題は、道路、電車、工事などが上げられます。

住宅ローンの審査について

マンション購入の頭金は2割から3割と言われていますが、最近では頭金0円の住宅ローンも出てきています。

ただし、住宅ローンは誰でも利用できるわけではありません。

住宅ローンは一度に何千万円と、大きな金額をかりることになりますので、申し込みの後の事前審査と本審査をクリアしないことには住宅ローンが組めません。

審査内容は返済出来る能力があるのかどうかの判断になります。

年収及び勤務先や勤務年数、また、他でローンを組んでいないかなどの審査が行われ、2、3日で結果が出ます。

事前審査をクリアすれば本審査となりますが、本審査をクリアして初めて住宅ローンを組むことが出来ます。場合によっては事前審査はクリアしても本審査がクリア出来ない場合もあります。

住宅ローンには公的融資と民間融資がありますが、自分の開設している金融機関でローンを組む人が多いようですが、金融機関によって金利が異なりますので注意が必要です。

また、金融機関によっては審査が厳しく、クレジットの利用状況や消費者金融での利用状況なども審査に関わってきます。